FXの売り時・買い時

FXの売り時・買い時

為替の世界は株のように、それ以上上がったり下がったりできない値幅制限(ストップ幅)がありません。

 

ですから、放っておくと無限大に損失が膨らんでしまう可能性をもっているのです。

 

ロスカットはもっている資金以上に損失が膨らまないようにする仕組み、利用する方の大切な資金を守る安全装置の働きをもっているのです。

 

FXの会社によってはロスカットレベルに近づくと、事前にメールでお知らせするサービスも行っています。

 

資金に余裕があって、その後の経過をまだ見続けたい場合は資金を追加して取引を続けることが可能になっています。

 

ただ、損失が大きくなりすぎる前に素早い決済を行うリスクコントロールの重要性を忘れてはいけません。

 

FXを利用するなら、ロスカットに頼るだけでなく、自身でもロスカットラインを常に意識して投資することが大切です。

 

常に考えながら投資していくことが、着実に儲けを積み重ねていく秘訣になるでしょう。

 

ロスカットを恐れずにチャンスに備えるため、また値動きに過敏になりすぎないようにも、もとで資金に余裕を持つことが大切です。

FXの基本は、「安く買って、高く売る」もしくは「高く売って、安く買う」が大前提なので、この基本にそって、買うときは現時点のレート安く、売るときは現時点のレートより高くせっていることが可能です。

 

あたりまえのことですが、現時点のレートより高く買おうとしたり、反対に安く売ろうとする設定はできないようになっています。

 

確実に設定した金額で売買を行うために、成行注文のデメリットでもあったタイムラグによるレートのズレはこの指値注文では存在しません。

 

ですから、資産管理や算出がとてもしやすくなっていて、自分の思った通りの取引を行うことができます。

 

しかし、いいことばかりではなく指定した金額で必ず約定をするということは、レートが設定したラインまであと一歩のところで急激に低下したりしても対処してくれません。

 

そのまま下がり続けてロスカットされているかもしれない、なんて可能性もないとはいいきれません。

 

逆に急激にレートが上昇している美味しい状況が続いているにも関わらず、指定レートで決済されてしまうので、少しもったいないような感覚にもなります。

別名「プライスオーダー」とも言って、 あらかじめ値段を指定せずに、その場の相場の動きを見て、自分が売買したいと思った時に注文する方法を『成行注文』といいます。

 

「すぐにでも取引を成立(約定)させたい」なんていう場合に、非常に有効な取引方法で、値段を指定せずに約定することができることから、指数注文より約定までの時間を短縮することができるような注文方法です。

 

ということは、すぐに取引が成立するので、「今すぐ買いたい」とか「今すぐに売りたい」という人にはうってつけの注文方法といえるでしょう。

 

今すぐ〜というと、「いくらでもいいから売買したい人の注文方法」という言い方を良くされるのですが、実際には売値(bid)と買値(ask)を確認しながら行います。

 

しかし、好きなときに好きなタイミングで利用できる成行注文は、今だというときに自分のタイミングで取引を行えるのは大きなメリットです。

 

FXに集中してパソコンにかじりついていられない人にはむいていない方法かもしれませんが、時間のある人には最適の注文方法となるでしょう。

<新規注文>

 

まず、ドルを円で買うケースです。

 

仮に1ドル=110円で「買った」とします。

 

これで、取引に参加できるドルを所持したため、ポジションをもつことができました。

 

このポジションをもつことを『新規決済』と呼びます。

 

FXは「買って売る」だけではなく、「買って売る」という方法があるのが特徴です。

 

ドルを売ることからスタートするケースなら、はじめにドルを売ったところで取引がスタート、取引のポジションを得たため『新規決済』になります。

 

 

<決済注文>

 

「買いから入る」場合ですと、上記の場合1ドル=110円で買っています。

 

そこでレートが変動し、1ドル=115円になりました。

 

儲けのチャンスなのでドルを売り決済を執行しましょう。

 

持っていたドルを売り、ドル買いのポジションを手放すことで『決済注文』となります。

 

では、「売りから入る」場合です。

 

この場合、ドルを売ったことがポジションですから、ポジションは手放さなくてはいけません。

 

儲けが出るチャンスは、円の価値が上がったとき、すなわちどるが安くなったときです。

 

自分のドルを買い戻し、ポジションを手放しましょう。

円安・円高という言葉はニュースなどでよく聞きますが、FXを行うには『円高・円安』というものが最も重要であるといっても過言ではありません。

 

まず、例を挙げて考えてみましょう。

 

1ドル=115円だったのが、レートが変動して1ドル120円になった場合、円の価値はどうなったでしょうか。

 

一見、115円から120円と高くなっているのをみると『円高になった』といってしまいそうですが、正解は『円安』です。

 

今まで1ドルを購入するのに115円で買えていたものが、変動によって120円支払わなければ1ドルを購入することができなくなったのです。

 

すなわち、円の価値が安くなったということ『円安』を表しています。円高のときにドルを買って、円安になったときにドルを売る。そうすることによって利益が発生するのです。

 

ドルの価値が安いときに買い、反対に価値が上がったときに売る。と、ドルで考えるとシンプルで分かりやすいです。

最新ニュース

  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報

  • ホーム RSS購読 サイトマップ
    HOME 円高と円安 注文の基礎 成行注文 指値注文 ロスカット